watch life style

watchstyle.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 26日

CSKA Moscow 1-1 Sevilla



f0150711_23551510.jpg

  監督が事前に先発起用を明言していたので先発したこと関しては特に意外に感じなかったのですが
トップ下という位置で思った以上に活躍していたように見えました。

ゴールはなかったものの惜しいシュートは何本かあり、しかもそのシュートは利き足の左足だけでなく右足、さらにヘディングと存在感は十分で彼の言う『相手にとって脅威の存在』を体現している試合に思えました。

チャンスあれば常にゴールを狙う、当たり前のことですがこれには強いフィジカルと強烈なシュートを打てるから出来ること。

振り返って今の日本代表を見てみるとパスワーク重視、個々のフィジカルは弱く、シュートは打てばふかしたり、弱かったり。

おそらく今の日本代表で彼よりフィジカルが強く、強烈なシュートを打てる選手はいないでしょう。

CSKAモスクワに移籍してまだわずかですが以前よりフィジカルは強くなっているように思えました。今後ますます強くなっていくことでしょう。

3月3日のバーレン戦に招集され、本田選手の先発起用を岡田監督が示唆しているようで、どうせ先発起用するならトップ下で今回のチャンピオンズリーグのように活躍してほしいです。

それにしても代表の10番はどうなるのでしょう?? もう代表の中心として動くのではなくフォロー的な役割にシフトすべきではと思ったりしています。


相変わらず本田選手寄りの感想ですが、どちらにしてもバーレン戦は選手の起用次第でかなり面白い試合になるかもしれません。
[PR]

by paneraiholic | 2010-02-26 23:57 | SOCCER | Comments(0)


<< Michael Fortuna...      CSKAモスクワ 本田選手 >>